スタッフ紹介

院長:
たけ
うち
こう
いち


■出身地
東京都

■趣 味
スノーボード
庭いじり
キャンプ

 初めまして、ひので整骨院、院長の竹内公一です。

 今から私の経歴(なぜ治療家になったのか?)を説明していきます。

 東京はあきる野市(旧五日市町)で生まれ育ちました。
 運動神経はからっきしだったのですが、中学はバスケットボール部、高校はゴルフ部に入り下手くそなりに充実した学生生活をおくりました。
 高校を卒業し進んだ道は調理師。専門学校を出てレストランに就職したものの、十代の終わりごろより始めたスノーボードにはまり、そのレストランを退職し冬シーズンはスキー場のレストラン等で働きながらスノーボードをしていました。
 シーズンも終わり就職を考えていた時、自動車が好きだった私は求人広告に出ていた近所の板金塗装屋さんに見習いで入り、約5年間車の塗装工をします。まだこの頃はバブル崩壊直後でその余韻が残り自動車所有率が高かったことから非常に忙しい修理工場で毎日朝から深夜12時過ぎまで働き、家に帰るのは深夜の1時頃。風呂に入って4~5時間寝てまた仕事場への繰り返し…車の修理に明け暮れておりまして給与は良かったものの次第に身体と精神が病んできます。
 そこで一念発起し、板金塗装工場を辞めて、学生の頃より憧れていた海外での生活にチャレンジすることを決意。どうせならスノーボードが出来る所が良い…とワーキングホリデーでニュージーランドに行くことになったのです。そこで、ラッキーなことにスノーボードショップに勤める事になりました。因みにニュージーランドは南半球で日本とは季節が逆です。その後は日本の冬、ニュージーランド冬、日本の冬と2年間夏のない生活を送っていきました。その2回目のニュージーランドの冬シーズンも終わりを迎えようとしていた時期に人生を変えるアクシデントが発生しました。
 左膝と右肩の負傷です。
 日本に帰国し精密検査をしたところ、「左膝半月板損傷」「前十字靭帯断裂」「内側側副靭帯断裂」で手術が必要と診断されたのです。痛みが癒えてきたところでの宣告で非常にショックだったのを憶えています。
 入院し治療に専念しよう!と左膝関節の手術を受けることに。麻酔が切れたあとの左膝の激痛に耐え5~6日後、今度は様子を見ていた右肩の痛みから夜も眠れずにそれを担当医に相談したところ「下手すると右肩の方が膝より悪いかもしれない」と言われました。結果、「右肩関節の棘上筋腱の断裂」により右腕が上らなくなっていたのです。そのまま退院をせず約1カ月後に右肩関節も立て続けに手術。こちらも術後の麻酔が切れたあとは激痛が走り2~3日は夜もなかなか寝れなかったです。その後は左膝と右肩のリハビリの為に転院し、合わせると約3ヶ月に及ぶ病院生活を経験しました。
 リハビリ入院をしていたその頃、退院後の身の振り方を考えていた時、身体に染み付いた塗装工に戻るのが一番手っ取り早かったのですが、辛い経験もしているのでその気は起こらず、リハビリの担当の先生に「このように人の痛みやリハビリに携わる仕事に就きたい」旨の相談をし、その時にアドバイスいただいた中で、理学療法士は専門学校の入学テストが勉強のブランクがある自分には難易度が高く難しい、鍼灸師は治療を受けた経験が無く縁遠い…と感じたので学生時代から接骨院などでお世話になっている柔道整復師を選択しました。

 柔道整復師の専門学校卒業後は、八王子にある「高月整形外科(現、高月整形外科病院)」に勤め臨床でさまざまな症状をもつ患者様を担当し経験を積んできました。その後退職し、生まれ育ったあきる野市の北隣に位置する日の出町に2007年に開院しました。

膝の痛み、肩の痛みは、私自身の「痛みの経験」と「リハビリの経験」がいかされます。

 丁寧に問診する事をこころがけています。あなたを悩ませている症状に時間をかけてしっかりと耳をかたむけ、
「あなたの症状がなぜ生じているか?」
を突き詰めていき、根本的な解決を目指します。

 1人でも多くの患者様と共に悩みや不安を解決し、症状を乗り越えた時の本当の笑顔がうまれるよう日々精進し施術に全力で取り組んでまいります。

 小さな整骨院を一人でやっておりますので、しばしばご不便をおかけすることもございますが、一生懸命やらせていただきます。
ぜひとも良いご縁があればと存じます。

 あきる野市、日の出町近辺で身体の症状にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

この場所で開院した理由

 私がまだ十代の学生の頃、ここ日の出町には「ひので整骨院」が既に存在していました。

 自身がウインタースポーツにてよくケガをしていたものですから、しばしば通院しお世話になったものです。

 二十代の頃、母親が通院していたのですが「ひので整骨院の先生、実家のある長野に戻るから院を閉めちゃうんだって」っと聞いた当時、私はもう通院はしておらず「そうなんだ」くらいにしか思ってませんでした。

 しかしながら人生ってわからないもので、自身が柔道整復師という国家資格を取得することに…。

 そして、勤めていた整形外科を退職したタイミングで身内などの勧めから開業という進路を考え始めました。
「ひので整骨院」が閉院して数年が経っていたそのころでもまだ西多摩郡日の出町には整骨院はありませんでした。

 実家から近いことや高校の通学でも日の出町は通学路だったので身近でした。
 そこで「そうだ!馴染みのある日の出町でチャレンジしてみよう!」と決めたのです。

 そして以前「ひので整骨院」をやっていた先生の連絡先を何とかつきとめ、アドバイスを乞うと「日の出町は人口が少ないから難しいのでは?」との意見がありました。

・・・う~ん・・・

 と、一瞬だけ考えましたが、当時の私はもう日の出町での開業に前のめりになっていたので数少ないテナントを見つけた際にはすぐに決めました。

営業時間

診療時間
9:00〜12:30
15:00〜19:30

※最終受付はそれぞれ15分前になります。
※土曜日は9:00~13:00(12:45最終受付)
[定休日]
日曜・祝日、夏季、年末年始

ご来院にあたって

  • 「駐車場は建物北側に3台分ございます。」
    「ひので整骨院」と書いてありますのでそちらにお願いします。
  • 受付時間外にしかご都合がつかない場合は、営業時間内にご連絡ください。
    可能な限り対応させていただきます。
  • 予約優先となりますのでお電話でお問い合わせください。

ひので整骨院へのご連絡は042-597-7595
(営業のお電話はご遠慮いただきますようよろしくお願いいたします。)

所在地
東京都西多摩郡日の出町平井2161番地16‐102
武蔵増戸駅から徒歩約12分です。
ひので整骨院へのご連絡は042-597-7595ひので整骨院では以下の症状に対応しております。
肩こり・腰痛・頭痛・五十肩・ぎっくり腰・肉離れ・手足のしびれ・寝違え・捻挫・打撲・骨折・脱臼・あらゆる関節の痛み・あらゆる筋肉の痛み。
交通事故の自賠責保険治療
向かいにはスーパーオザム、タイヤ館などがあり、スーパーでの買い物の際に通院される方も多くいらっしゃいます。
Copyright (C) 2020 ひので整骨院 All Rights Reserved.〒190-0182 東京都西多摩郡日の出町平井2161番地16‐102